お金くれる人

筋肉にこだわる人達がいます。自分の体を美しく見せたいのか、筋肉で化粧をしています。
筋肉ムキムキだと何が良いのか。女にもてるのか。それとも男にもてるのか。自分にもてるのか。
お金くれる人が筋肉を育てています。筋肉を育てるにはお金がかかります。

女性全てが筋肉好きとは限りません。かえって体育会系だと避ける女性も多いのです。体優先で体の感覚重視。想像力とか妄想には縁遠い。

筋肉は怠けものです。力を発揮する時に全ての筋線維が働くわけではなく、その一部しか動かないのです。後は寝たふりですね。多くの筋線維を目覚めさせて働かせるためには負荷が必要なのです。
怠けものだから、お金くれる人が必要です。お金で筋肉も動くのです。

脳の意識も怠け者です。なるべく働かない様にしています。歩いたり、電車に乗ったり、車を運転したり、会社で働いたりできるのは、意識が働いている訳ではなく、意識下のマシンが懸命に働いているからです。この懸命の動きを意識は知りません。超然と見ているだけです。何かこの沈黙のマシンに問題が生じた時に、沈黙マシンは意識に報告します。何か日本の官僚機構と政治家の関係に似ています。
お金が欲しいからパパ活をしてお金くれるパトロンを見つけました

だからお金が必要です。お金で意識が目覚めるのです。意識はお金くれる人を求めています。

お金は意識が発明した集団的幻想です。実態はどこにもない。そのある証拠、基盤、証明してくれる人、機関、そんなものは無い。

単に多くの人がお金と言うものを信じている。百円出せば百円のものが買える、交換してくれる、と大体の人が信じているから存在できるのです。お金くれる人は幻想をくれるだけです。

百円硬貨を持って、コロッケ屋に行き、コロッケを買うと、ある店はコロッケをくれた。しかし駅の反対側の別の店はくれなかった。こんなものではコロッケは渡せないと言われた。

お金とはこんなものです。ある地域ではコロッケをくれる。ある地域ではくれない。お金くれる人は、多くの人の信頼をくれる人なのです。
意味わかる人
割り切り

パトロンの作り方

パトロンに興味がありました。しかし、彼氏が今まで一度しか出来たことのない私でもパトロンの作り方を調べて実行すればパトロンが出来るのかなという好奇心からパトロンを作ってみました。ネットでパトロンの作り方を検索すると出会い系が一番出来やすいと記載があったので早速出会い系を利用しました。簡単なプロフと、写真も写りが良いものを選び投稿。すると21歳の私より30歳年上の男性誠さんからメールの返信がありました。写真も載っていて白髪混じりで少しふくよかな人でしたが、お金を本当に持っているなら誰でも良いと思いメールを返しました。

メールを始めて1ヶ月後についに誠さんと会うことになりました。会う当日は正直、パトロンの作り方を調べて出会い系を利用した自分に後悔しました。知らない人に会うのが急に怖くなったから。しかし、そんなことを誠さんは察してか待ち合わせ駅の交番前に待ち合わせを指定してくれました。
デートだけでお小遣いくれるパトロンが欲しい

彼に会った印象は、優しいおじさんという感じでした。写真写りがいいのをサイトに載せていたから誠さんは私のことをどう思っただろうと少し複雑な気持ちになりました。その後は誠さんと食事をして今後の話をしました。私は1人の男性しか付き合った事がなかったので体の関係を求められたらどうしようと急に不安を覚えましたが、彼は「ゆっくりと仲良くなろう。」と、言ってくれました。今後どうなるか分からないけれど私でもパトロンが出来ることに少し安心しました。
パトロン募集
パトロンの探し方