セフレ募集

セフレ募集でもしたらって同僚にからかわれたけど、そういう気にならないんだよねー。
半年前に離婚してさ。それ以来めっきり老けこんじゃって。まず白髪が増えて。アイロンかけてないスーツなんかで出社したりするもんだから、もう周りが心配してくれてさ。
数カ月ぶりに会った、取引先の相手からも「ご病気だったんですか?」って言われた・苦笑
ぶっちゃけ、病気と同じようなもんだよね。奥さんに逃げられたんだから、そりゃ、生活の変化とかに付いていけなくて。
いや、もう青天のへきれきって奴だよ。ある日家に帰ると、奥さんがいないの。
それで、あちこち連絡したけど、まったく居所が分からなくて。
台所の冷蔵庫の扉に別れの手紙と記入済みの離婚届がマグネットで張り付けてあったのに気付いた時、一体なんの冗談かと思ったよ。
横浜のセフレ体験談
それだけ奥さんのことに無関心だったんだよね。そういう奥さんの変化にまったく気付かなかったわけだし。
数カ月前から男がいたらしいんだわ。それでその男のところに行っちゃったわけ。
怒るとか、そういう感じじゃなかったな。ただ、自分って何なんだろうってそういう不思議な感じ。
半年前に起こった出来事なんだけどさ。
それで、俺もその離婚のことを最近やっと冗談半分に話題にできるようになって、同僚も「セフレ募集でもしたら」なんて笑って冗談言ってくれるようになった。
それまでは、自分が自分じゃないみたいで、別の世界にいるみたいな、浮遊感の中で生きてたって感じ。
周りの人たちもどう接していいか分からなかったらしい・笑
やっと元の世界と変わらない世界だって分かっても、なかなか切りかえってできないよ。
それにセフレ募集なんて柄じゃないしさ。
オナニーをライブカメラで見る
オナ電

オナニーの見せ合い

最初は彼の一目惚れでした。出会いは私が働いていたカフェ。彼はお客として毎日通っていました。理由を聞くと私に会いたくて、何かしらお話が出来ないかなと思い通っていたと言っていました。そして、毎日同じメニューだったので次第に彼が注文する前にコーヒーと、トーストを出すと彼は自分のことを覚えてくれたと思いそこから私に話しかけるようになりました。

それから半年後、彼と食事に行ったりお互いのことを話すようになり付き合うことになりました。付き合ってから今度は私の方が彼に夢中になっていました。いつも車道側に歩く彼。記念日を率先とどこかに出掛けようとしたり、束縛はしないけれど毎日連絡を取りたいという寂しがりな一面。そんな彼が私は大好きでした。
ジュエルライブ

そして、2年後。私達は結婚しました。しかし、結婚してから彼の知らない一面を知るようになりました。それはオナ二ーが大好きな一面です。「オナニーの見せ合いをやりたい。仕事で出張の時でもオナニーの見せ合いならテレビ電話でも出来るしやってみようよ。」「私はオナニーの見せ合いやりたくない」それを言うと子犬みたいな顔をします。まさかこういう事が好きだと思わなかったのでこの一面の彼は苦手な私。結婚して半年後子供を授かりました。Hがますます出来なくなったこともあり、彼は私にオナ二ーを要求してきました。子供が産まれるまでの我慢だけど、これ以上彼を嫌にならなければいいなと思っています。
オナニー鑑賞
テレセ